医療機器・電子制御・超音波・圧力容器技術 複合技術のプロフェッショナル

発振機機能

  • HOME »
  • 発振機機能

自動追尾機能ill007

超音波は、媒体となる液体、液温、ワーク投入により超音波の音速が変化し、振動素子が効率良く振動する共振周波数が変化します。
常に最適な条件で超音波を照射するために、自動的に発振周波数を調整します。
特に波長の長い低周波帯では必須の機能と言えます。

 

 

スイープ機能ill008

発振周波数を変化させる事で、液中の疎密波の位置(キャビテーション分布)を移動させ、洗浄ムラの軽減や、液深、液温の変化による影響を軽減させます。

・スイープ幅: 基準周波数に対して変調幅を調整します。
・スイープ速度:変調の周期を調整します。

 

 

間欠発振機能ill009

一定時間超音波を照射した後、休止し、また照射を繰り返す断続波を言います。
定在波の影響を開放することで、溶存気体が集合した気泡の浮上による超音波伝搬性の向上、また、ワークから除去された汚れの拡散や新液との置換を促進させます。

 

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 026-273-1800 受付時間 8:00~17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © チヨダエレクトリック株式会社 All Rights Reserved.